爪水虫初期を自覚したらニゾラールを手薬に

ひび割れているかかと

普通の水虫よりも治りにくく厄介なのが、爪にできるタイプの水虫です。
市販薬では中々治りにくいので、病院で処方される薬に頼ったほうが効果が期待できます。

爪水虫初期は爪の周りがかゆくなってきたり、爪の厚さに変化がみられます。
さらに色も濁ってきますから、まめに爪の変化に気を付けておくことが大切です。
かゆみがあるのに無視したり不衛生な状態にするのは、水虫が手薬煉引いて待っている状態で、悪化する可能性があります。
厚くなった爪がボロボロとかけてくるようになるとだいぶ進行してきた状態で、軟膏やクリームそして液状など使いやすいものを手薬としていつも持ち、早期完治に努めましょう。

ニゾラールは真菌を抑える薬ですから、白癬菌が原因で起きる爪水虫初期にも効果が期待できます。
早めに薬による治療を開始しないと痛みまで伴うようになってきます。
最終的には感染範囲が広がり、足のかかと部分や手などにも症状が出てしまうことがありますし、一緒に暮らす家族にも感染させてしまうことがあるため、ニゾラールなどの薬を処方してもらい、病域を広げないようにするべきです。

敏感肌の人などはニゾラールを使うことで刺激を感じたり、皮膚が赤くなることもありますし、水疱やかゆみを伴う場合もありますから、爪水虫初期に手薬で塗布してみて、副作用が出るようであれば医師に報告して薬を変えてもらったり、皮膚の状態を確かめてもらうと良いです。

ニゾラールのような真菌に効果がある薬は他にもありますが、勝手に併用したりしないようにするべきで、表面上は治ったように見えても皮膚の奥にはまだ菌が残っている可能性があるので、しばらくは使い続けて医師が大丈夫だと判断してから使用を終えるべきです。

人気記事一覧
サイト内検索