ニゾラールの有効成分

美脚の写真

ニゾラールの主成分はケトコナゾールといい、真菌(カビ)を殺菌する塗り薬です。
一般に、足に発生した足白癬は水虫のことで、この治療に用いられます。
膚に寄生する真菌は、その他カンジダや癜風菌があり、カンジダ、皮膚の抵抗力が落ちているときに発症しやすく、癜風菌は、厚恩、多湿のときに発症しやすいです。
ニゾラールは、真菌に殺菌てきに働くので、白癬菌、カンジダ、癜風菌どれにでも、しっかりと治療をすると完治させることができます。
ニゾラールのもうひとつの働きは、脂漏性皮膚炎に効果があることです。

脂漏性皮膚炎の詳しい原因は、わかっていませんが、原因のひとつとして真菌の関与が、推測されています。
真菌の細胞は、人の細胞と違ってエルゴステロールという物質を主成分とする植物性細胞膜を持っていることです。

ニゾラールは、このエルゴステロールが、真菌の細胞内で作られるのを阻害し、真菌の発育を抑制または阻止しますので、殺菌的に抗真菌作用を発揮します。
ニゾラールは外用薬として2%クリーム、2%ローション、2%スプレーが発売されています。

一般的には、どんな症状にも効果のあるクリームが処方され、特に湿潤している場合は、クリームが無難ですが、皮膚が厚く角質化している場合は、液剤のほうが浸透力があり、効果が高いです。

ニゾラールを使用する場合、決められた期間と決められた回数を守ることが大切です。
決められた使用回数を守らず、使いすぎると、皮膚が荒れたりかぶれを起こします。

ニゾラールの使用のポイントは広めにぬること、根気よく続けることです。
幹部をよく荒い、乾燥に務めることも大切です。
靴下、バスマット、トイレのスリッパなども感染源になりやすいので、こまめに洗うようにしましょう。

アーカイブ
人気記事一覧
  • 美脚の写真
    ニゾラールの有効成分 2019年06月12日 閲覧数:19
サイト内検索
最近の投稿