ニゾラールの使用期間

女性美脚

ニゾラールとは、水虫の症状に悩まされている患者に処方される医薬品です。
水虫とは、カビの一種である白癬菌が、皮膚の角質層に寄生することで発症する皮膚疾患です。
かつて水虫は、男性に多い病気というイメージでしたが、近年は女性にも多く見られることが分かっています。
その原因は、外で働く女性が増加したことと言われています。
外で働くことで、長時間同じ靴を履いた状態が継続されます。
そうなると、靴の中は蒸れた状態になり、白癬菌が活発に活動できる環境を作ってしまうのです。
さらに、女性の多くがストッキングを着用します。
ストッキングは靴下に比べ、汗を吸収する能力に弱く、水虫が発生するには最適な環境になっていると考えられるのです。

このように、男女ともに増加している水虫患者ですが、水虫の主な症状について説明します。
主に水虫が発生するのが足と言われ、足の指にできるものは、赤くジュクジュクとした状態の皮膚に変化し、皮がむけたり、白く変色しブヨブヨとした感触になることがあります。
また、足の裏やかかとなどにできる水虫は、カサカサと乾燥した状態になり、角質が厚くなっていきます。
その後、皮がむけ、ひび割れを伴うという特徴をもっています。
さらに、足の土踏まず辺りにできる水虫もあり、強い痒みを伴うのが大きな特徴だとされています。

以上のように、強い痒みや皮膚の異常が起こる水虫は、正しく治療を行うことで完治させることができます。
その治療に欠かせないのが、ニゾラールです。
ニゾラールには、軟膏タイプやクリームタイプ、液剤まであり、症状や水虫が発症している部位、使い勝手などと照らし合わせて使い分けることができます。
通常、ニゾラールの使用期間は2週間から3週間とされますが、改善が見られない場合には、医師に相談することが肝心です。

人気記事一覧